FC2ブログ

記事一覧

<目指せ爆アド避けろアド損>デュエマを通じて経済を学ぼう

youtube版デュエマ倉庫始動!!下のリンクから今すぐチャンネル登録↓↓

ここをクリック!!



Twitter→@blogdmbuilding




 どうも、ヨネ吉です。最近昔に比べればまだ投稿頻度をあげられていて少し満足していたのですがその矢先にネタ切れが重体化してきました。youtubeであればオリパ開封でもやればいいんですが、そうはいかないのが文章の辛いとこですね。うる山にデッキレシピ催促しましたので当分は投稿頻度を維持、あわよくば増やしていけるかなと思います(レシピやネタの提供も是非)。



 さて、今回はいつものデッキ紹介とは違った角度からの話をやっていきたいと思います。




 デュエマに限らずTCGにはシングルカードの販売がとても多いです。つまり、中古の市場(売り買いがされてる場や概念、ネットみたいに実際の店がないときもある)が大きいということになります。


 カードショップは私たちみたいな一般人からカードを買い取ってそれを販売してますね。みなさんもカドショで売った経験があるかと思います。


 言い換えると、私たちひとりひとりがカードを買うことだけでなく売る時にもデュエマの中古市場の参加者になってるんですね。



 なのでお金に関することが嫌でも起こってきます。よし、それならばその環境の中でうまくやっていこう!!ってのが今回のテーマになります。




 先にいっておくと転売を推奨したいとかそんなことは全くないですからね!!。今回の話はあくまでも「自分で使うカードをお得にゲットするための方法論」の一つだと思ってください。なんてったって、管理人自身がメルカリはこのサイトの企画にしか使ってないんですからW


 ではそろそろ本題にはいっていきましょう。




 まずは前提となる知識から



 需要、そして供給という言葉をご存知でしょうか?


 

 簡単にいうと


需要…欲しがられている量、欲しがってる人と一人当たりの欲しがってる数がどれだけ多いか

供給…手放そうとされている量、売り手全体が売ろうとしてる数の合計



 
 この二つの言葉(概念、考え方)がなんなのかといいますとものの、値段とりわけ原価のそんなに変わらないカードにおいてはこの二つによって価格が決まってくることになります。


 具体的にいうと需要>供給だと値段はあがる、逆に需要<供給だと値段はさがるとなります。


 難しい書き方しましたが、要は欲しがってる人が多いと売る側は『値段高くしても売れるなW』と考えますし逆のときは正に逆になります。



 基本的にはこうした需要と供給のバランス(どっちのが多いのか)によって値段が動いていくのですが、ここに1つ例外的な事象があります。



 それは「これから需要(供給)が増えそう(減りそう)」とみんなが考え出した時になります。



 たとえば再録(昔のカードがまたパックやデッキに収録されること)が来月にあるとの情報がでたとします。そうなるとまだ実際には発売してないのに「再録されるから供給がこれから増えるな…」と考える人が出てくると実際にはまだ供給が増えてないのに先回りして値段が下がるってことがよくあります。最近だとドーピードープの例なんかがわかりやすいかと思います。




 こんな感じに、みんなの予想によってもカードの値段は変わってくるんですね。そして、こっちが理由で値段が変わる時の方が価格の動き方がえげつなくなりやすいんですね(人の感情はヒートアップしやすいから)。




 なので、それを踏まえた上でこの先読んでもらえるといいかと思います。




 基本的な理屈を一通りはなしましたので、更に具体的な段階にいきたいと思います。



 シングル価格を上下させることの多い事象をいくつかみていきたいと思います。


・有名youtuberや有名プレイヤーの発言

 やっぱり影響力のある人たちの発言は相場に影響を与えてきますね。フェ○プロさんやす○らぎさんみたいな実力のあるyoutubeやってる方がこのデッキ強いよ!!とかこのデッキにこれいれたらいい感じだわみたいなことをいうと「マジすか?」と思ってそのカードを欲しがる人が増えて結果需要と共に値段があがったりします。

過去の事例:5c蒼龍関連のパーツ(とりわけ蒼龍のプロモ)、GWD、デュエマクラシックの流行の兆しによってのいくつかの昔のカード等



・大型大会の結果

 こちらも需要が増えることにつながる事象になりますね。実際に強さを証明してますので、そりゃ需要があがりますよね。

過去の事例:龍終の裁き(GP優勝)、ダブルボーダー(CS入賞増による)等


・再録

 再録されると供給量が増える為結果として値段がさがります。とはいえ、その下がり方にもくせがあることもありましてたとえばドーピードープ、先月のエクストラパックにて再録されるとの情報がでたとたんにメルカリなんかでは一気に値段が落ちたのですが実際にはそのパックでの封入率が低かったのでじょじょに値段が戻った、なんてことがありました。先ほど説明したように人の感情がヒートアップした結果必要以上に値下がりした事例ですね。ここから読み取れる教訓としては「踊らされている時の値段と落ち着いてきた時の値段、どっちの時に買うのが正解なのかを見極めるのが大切」ってのがあるかと思います。

過去の事例:デジルムカデ、ハートバーン、あたりポンのすけ等




 今回はいったんここまでにしたいと思います。続きはまた明日投稿しますのでそちらも是非ご覧ください(自分に対してプレッシャーをかけた)



 また、当サイトでは皆さんのデッキを募集しておりますのでTwitterやLINEのほうまで連絡もらえれば嬉しいです。












コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウントID @blogdmbuilding