FC2ブログ

記事一覧

<悪夢再び>赤白轟轟轟の再来!!メタたっぷりな赤白ブランド




youtube版デュエマ倉庫始動!!下のリンクから今すぐチャンネル登録↓↓

ここをクリック!!



Twitter→@blogdmbuilding


 どうも、ヨネ吉です。『あ、オレ天才かも、、、』ってデッキをつくっていると思うことありませんか??


 今回紹介するデッキを考えてる時に、そんな感覚におそわれましたWW

 さて、これがホンモノなのかどうか…昨日のはなしなので真偽のほどは週末に確かめたいと思うのですが、とりあえず紹介してきたいと思います。


 実践投入してないデッキ紹介すんじゃねえよ、って思う方もいるかもしれませんが、あえて無視しますW記事を書いてるとみなさんに情報を届けるだけでなく管理人の思考が整理されたりもするんでどうかお付き合いください。



 ではレシピ。今回はいつもと逆で概要説明→各種カード解説の順でいきます。


2019112918100791f.jpeg


20191129181015c70.jpeg


20191129181024346.jpeg


※ドーピードープ不採用の理由は後述



 2ターン目は赤白轟轟轟よろしくにミクセルやプーンギといったメタクリーチャーを並べることで相手の動きやトリガーを抑制するのが基本となります。どちらのクリーチャーも環境トップのミッツァイルに対して効果的なのがいいですね。

 3ターン目はハナコやコダマンマでリソースを確保しながら盾を割っていきます。

 そして4ターン目、本格的に動き出すのですがここで役にたつのがギリギリチクタック+罰怒ブランドのパッケージ。2打点のクリーチャー1体を1体以上含んだSA持ちのクリーチャーが3体並ぶことになります。ギリギリチクタックの何がいけないかというと、こいつ1枚で罰怒ブランドのコストを1にしちゃいますからねー。ハンドが2枚しかない状況から先述の展開ができちゃいます。



 このようにメタクリーチャーをまき散らかしながらの4キルをキメるのが基本プランとなります。



 これとは別の上振れプランもありまして


 2ターン目にヘブンズフォース→怒ピッチャコーチorハジケロバクチックからのSA付与済みGRクリーチャー展開&1点

 3ターン目にギリギリチクタック&罰怒ブランド


 というのも可能となります。こっちだと3ターン目にクリーチャー5体が並ぶ計算となりますね(全員SA、盾1枚撃破済み)


 速度の面では赤単ブランドよりも1ターン遅い、上振れがくれば同等。メタ能力の面では超次元ゾーンがデッキの特性上採用しにくいためガガパックンによる更なる呪文メタの展開やアンタッチャブルという場持ちのいいカードが使えない為赤白轟轟轟よりは少し劣る、というのがこのデッキのカタログスペックになるかと思います。2つのデッキのいいとこどりを最大限おこなったイメージで大丈夫かと思います。


 では、各種カード解説



罰怒ブランド
→管理人が昔から愛用するコンセプト


ミッツァイル
→ヘイトクリーチャー。絶賛値下がり中


轟轟轟ブランド
→上振れの化身


ギリギリチクタック
→クリーチャー2体のおまけ付きのフェアリーギフト。下手すればこいつと罰怒ブランドで即時な5打点を形成


ミクセル
→強力メタクリーチャー


プーンギ
→強力なメタクリーチャー


サグラダファミリア
→呪文によるカウンターを封殺


ハナコ&コダマンマ
→ハンドを減らさずにクリーチャー展開


ヘブンズフォース
→上振れへの水先案内人


バクチック
→ヘブンズフォースから出したいカード。展開したGRクリーチャーにSA付与できるためバックラスターよりもこっちが適切。この段階で出てきたGRクリーチャーがドーピードープだとチクタック+罰怒ブランドの流れが崩壊するためGRゾーンに彼は入ってません


怒ピッチャコーチ
→バクチックの5枚目


ソルハバキ
→試験的に採用。ヘブンズフォースから出すとマナを起こせるためヘブンズフォースが1マナの呪文になるのが強そうなんで採用


グレイトソニック
→1マナのSAってのはやはりあると心強い


カマセバーン
→言い訳程度のトリガー


正義の意志にひれ伏せ
→言い訳程度のトリガー②




 とりあえず紹介は以上になります。当サイトでは皆さんのデッキを募集しておりますのでTwitterやLINEのほうまで連絡もらえれば嬉しいです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウントID @blogdmbuilding