FC2ブログ

記事一覧

<初のデュエプレ記事>カチュアカップで管理人がレジェンド帯到達のアクアンブラックを紹介




youtube版デュエマ倉庫始動!!下のリンクから今すぐチャンネル登録↓↓

ここをクリック!!





Twitter→@blogdmbuilding




20200412170759a91.png



 どうも、ヨネ吉です。CSもなく、うる山も結婚して今まで徒歩2分圏内にいたのがいなくなった。デュエマ関係では最近すっかり孤立しました。みなさんも暇でしょうが助けてほしいです。


 今思うとデュエプレがなかったら禁断症状モノでしたね。


 さて、今回はというわけでデュエプレのコーナー、初回なので管理人とっておきのデュエルマスターレジェンドに到達したデッキを紹介します。


 ではレシピ


202004101612149be.png



 SRが7枚…ですが戦略の選択と集中をすればアクアンの4枚だけに抑えることも可能ですので諦めないでもらえればと思います。
具体的にいうとバロム→いけにえの鎖にするとリバースチャージャーの対象外にはなるものの破壊対象に黒いクリーチャーもとれるようになりますし、クエイクスをストームクロウラーにすれば大型ハンデスが無くなるもののマナ回収の充実により戦術の柔軟性が向上します。あるいはファントムバイツ増量で速攻デッキ対策ですね(ミラーには弱くなります)。
 
 ではまわしかたから


 このデッキ、キーカード設定がゼリーワームになってますがネタじゃなく本当にこいつでゴリ押ししてきます。どれくらいゴリ押してくかというと

①相手の場にパワー負けしているブロッカーがいても特攻

②相討ちとられる未来がみえていても特攻

③ハンドにアクアンやリバースチャージャーがあれば殴り返しが確定してても特攻


 無論100%じゃないですが、相手のハンドがあればたいていこうしてきます。


 なんでこんな無謀をやるのか、戦略的視点と環境的視点から解説します。


 ・戦略的視点

 まずいいたいのは、ハンデスだけがハンデスではないということ(哲学)。つまり、ゴーストタッチやゼリーワームのアタックトリガーのような手札を捨てさせる効果だけが相手の手札を減らす手段じゃないということです。

 たとえば、ゼリーワームの除去をさせれば相手のハンドは1枚減る、普通の青黒バロムが相手なら出す必要のないようなブロッカーをゼリーワームがいるために出させられればその時点でハンドは1枚減る。その後にブロックでもしようものならゼリーワームの効果も相まって相手のハンドは2枚減ったことになる。

 といった具合に相手に自らハンドが枯れていくような動きを強いるのも立派なハンデス(しかも相手が自身のマナ使って)といえます(そしてゼリーワームがそれに最適)。



・環境的視点

 現環境、コントロールの代表格はボルコンと青黒バロムの2つ、前者はハンドが増えるカードがエナジーライトしかなく、それ以外の回収手段はリバースチャージャーやストームクロウラーと比較的高コスト帯なので即座にボルメテウスを出すみたいな動きはほぼないです→ハンデスが間に合う。一方の青黒バロムはアクアンが強烈なものの多色のないカードプールの関係上序盤に青いカードを1枚落とされただけで大事故を起こしたハンドに変貌することが往々にしてあります。

 また、両者とも5マナ、6マナに差し掛かると除去に関しては優秀で、終盤のこちらの打点形成が容易じゃない場面もでてきます。


 そのどちらを考慮しても、序盤のハンデスと早期のシールドブレイクを行い打点形成のハードルを下げるゼリーワームは環境に適しているといえます。


 ビート系の方を考察するとやはりリーフは重いです。が、よくよく考えると進化元を含めてカードを2枚使っての3ドローですのでハンデスが効かないというとそんなことはないですね。トリガーハンデスが8枚はいっているのとゼリーワームのハンデスの両方を考慮するとボルギーズの着地からの盤面制圧に結構な確率で間に合うことが可能となります。ファントムバイツ使えば汽車男でリーフと相討ちとれますしね。



 こうしてみてみると、ゼリーワームやっぱ強いし環境にあってるんですね。シールドブレイクして呪文トリガーでやられても結局相手のハンド減ってますしクリーチャートリガーもほぼサーファーなのでバウンスもせずに(周りのクリーチャー汽車男やアクアンばっか)相討ちしてくるだけでこちらの被害が少ないのも追い風ですね。サイバーブレインがあったらこうはならなかった…(その意味ではネオブレインがみえたら要警戒)


 それ以外は普通の青黒バロムとあまり変わらないかと思います。不採用カードに関してですが


・飛行男…ゼリーワームに取って代わられる。即効性のハンデスでもなく、デスモーリーと併せないと能動的にハンデスできないのは不便に思えまた枠を圧迫しすぎると判断

・デスモーリー…種族も優秀な上ボルギーズと違いサイズを問わない除去カード、というと確かに強いのですが飛行男のいない時点で役割は既に減り更にミラーマッチでは相手が飛行男を破壊してきたりと効果が薄いと判断

・リバースチャージャー3投…テンポアドバンテージを促進。デスモーリーのいないことによるデーモンコマンドの枯渇を防いだりゼリーワームの悪夢を再来させたりストームクロウラーで使い回したりと既存のバロムよりも役割が多いため増量

・クエイクスがピン投…いれすぎるとハンデスが渋滞する可能性もありまたゼリーワーム等の軽量ハンデスの連打でたいていは事足りるため。とはいえやはりかなり強いのでミラーマッチが増えれば増量すべし



 解説はこんなところになります。ハンデス主体のくせに結構アグレッシブに動きますので使ってて楽しいかと思いますし実際とても強いデッキになってますのでぜひ試してもらえればと思います。



 今回はここまで、当サイトでは皆さんのデッキ(デュエプレ含む)を募集しておりますのでTwitterやLINEのほうまで連絡もらえれば嬉しいです。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウントID @blogdmbuilding