FC2ブログ

記事一覧

<スノーフェアリー凶悪化>バイクよりも速いステロイドスノーフェアリーの紹介




youtube版デュエマ倉庫始動!!下のリンクから今すぐチャンネル登録↓↓

ここをクリック!!





Twitter→@blogdmbuilding




 どうも、ヨネ吉です。スノーフェアリーにドリームメイト、、、。そこ??ってなるような種族が結構えぐめな強化をもらいましたね。ドリームメイトもすごいんですが、スノーフェアリーに至ってはステップルやハキリみたいな種族関係なしに優秀なものが増えつつある中でのバブル到来なので二つの意味で凄いですね。

 さて、そういうわけで今回はスノーフェアリーを使った3キルデッキ、剛運を味方につければ2キルも可能な脳内麻薬フィーバーデッキの紹介です。


 リストはこちら



2020072919112175b.jpeg




応援妖精エール/みんな一緒に応援してね!
→クリーチャー面はミニボルバルザークエクス、呪文面はトリガー付き火力除去。実質タダで出てくるので2ターン目ミッツァイル着地みたいな病気ムーブの引き金になり得る存在

天体妖精エスメル/お茶はいかがですか?
→ついに登場ステップルに続く2ターン目に出せるクリーチャーの残るブーストカード。これによってラララライフに頼る必然性が薄くなりました(要らないとは言ってない、できたらいれたい)

スズラン
→マナから出せるスノーフェアリー。ステージュラのG・ゼロ条件の数合わせに最適

※ユウコの存在忘れてました。2:2くらいでいいかもです

ステップル
→優秀な初動。効果も種族も完璧

ハキリ
→場持ちのいいコスト踏み倒しクリーチャー。マイキーのペンチ、カルマインカ、ダイヤモンドクレバスあたりが主な踏み倒し先か

ジャーベル
→スノーフェアリーなサーチ枠。詳しくは後述しますが3コストというのが微妙に重たいのでガガガンジョーカーズやトレジャーマップも選択肢に入る要検討枠

マイキーのペンチ
→骨董品のようなカード。チキチキジェットサーキットやその子供シリーズのような優秀な後輩はたくさんいるが、ハキリで出せ、コストに関係なくSA付与してくれるのはこいつだけ。大先輩に感謝

カルマインカ
→緑になった単騎マグナム。効果がやや異なるもののほぼ同類と捉えてOK

ダイヤモンドクレバス
→新規高額スノーフェアリー。ループもやらかすんですがこのデッキでは突破力の1点で採用。持ってない方は九月のドラリンパック再販までマイキーのペンチやカルマインカで代用可能

パーフェクトネーチャー
→次期殿堂待ったなしのお化け(あくまで個人的見解)。ハンドの切れやすい本デッキにピッタリ

轟轟轟ブランド
→上振れの化身。引けば脳汁

ステージュラ
→G・ゼロで出てくる大型クリーチャー。こいつの枚数がそのままデッキの爆発力につながる

ミッツァイル
→引いたら勝ちと言わんばかりのパワーカード


○GRゾーン

 どうせ、ミッツァイルでしかGR召喚しないので半数が実質2打点かつミッツァイルが死んだ場合のことも考慮しSAの数も最も多くなるパッケージな赤単GRのセットを採用。



○このデッキのまわし方


 無論、ステージュラの早期着地を、具体的に言うと3ターン目での召喚を狙っていきます。代表的な動きを2パターン見てみましょう。

※『②~』が2ターン目、『③~』が3ターン目みたいな表記です

・3キルルート…②ハキリ→③2コスブースト妖精&2コス妖精、ステージュラや轟轟轟ブランド出せるだけ→ハキリアタック時にマイキーのペンチ

・リソース&盤面優先…②ブーストクリーチャー展開→③ブーストクリーチャーやジャーベルを連打→④十分なマナ及びハンドを確保した上で超巨大ダイヤモンドクレバスを着地かつ更に盤面展開→⑤ターン目まで待ってワンショット。これくらいまでまてばカルマインカを絡めてトリガーケアも充分に可能


 だいたいこんな感じですね。ここで考えたいのがジャーベルの存在、3キルルートを目的とする場合を想定するとハキリの最速着地が必須なのですがその確率を高める為には1ターン目のハンド調整が必要です。ジャーベルではそれに貢献できません。3ターン目に出す余裕もないですね。3マナというのが微妙に重い。


 とはいえスノーフェアリーのサーチ枠というのは唯一無二で貴重です。なのでここからは個人の好みになるのですがより3キル率を高めたい場合は以下のカードとの差し替えが考えられます(ハキリ最速着地を考えると1マナであるのが前提条件、適当に出したクリーチャーで増えたマナで打てるのもいい感じかと)。


トレジャーマップ…上5枚をみてクリーチャーをサーチ。5枚みれるので安定感があるがミッツァイル等の赤いクリーチャーは持ってこれない

ガガガンジョーカーズ…みれる枚数が3枚となった代わりに赤いクリーチャーもサーチ可能。端的に言えばまるい



 こんな感じで微調整を行えばまだまだ強くなるデッキかと思います。もしいいアイデアが降りてきた方がいればぜひ教えてください。


 管理人もやっと勘が戻ってきて新カードを使ったデッキがまた作れるようになってきました。次回はオリジナル構築済みデッキの紹介、、といきたいのですがまだ時間がかかるので読者さんのデッキを紹介したいと思います。


 今回はここまで、当サイトでは皆さんのデッキを募集しておりますのでTwitterやLINEのほうまで連絡もらえれば嬉しいです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウントID @blogdmbuilding