FC2ブログ

記事一覧

ツインパクトの恐怖! 「ドロマーサイクリカダンテ!!」





どうも、ヨネ吉です。今回はサイトが再始動してからの最初のデッキ紹介になります。これからの方針については一つ前の記事で色々と書きましたので、まだの方はそちらも読んでもらえたらと思います。



 今回は新弾で出たツインパクトカードである<ルソー・モンテスー法と契約の秤>を使った新しいミラダンテⅻのデッキを紹介したいと思います。ツインパクトカードとは、簡単にいうと一枚で呪文とクリーチャーの2つの効果をもったカードのことでして、好きな方を場面に応じて使えるという汎用性がバケモノな代物になります。今回採用している<ルソー・モンテスー法と契約の秤>の効果を確認すると、クリーチャー側は2マナで出た時に自分の手札を捨てると相手のも1枚ハンデス、呪文の方はトリガーがない代わりに進化も出せるインフェルノサインになります。強いですね。



 タカラトミーさんがロージアの規制という思い切った行動にでてからもうすぐ2ヶ月経ちますが、現在のミラダンテⅻのデッキは大きく分けてロージアの抜けたとこにキラゼオスを突っ込んだリペアとサルトビーバイケンの流れとシリンダを採用した青白の2種類に大きく分けられますが、今回はそこに一石を投じたいと思います。



 では、レシピを見ていきたいと思います。



20180418172300aee.jpeg




20180418172310558.jpeg


※画像の見切れすいませんでした

時の法皇 ミラダンテⅻ 4枚
→強さは皆さんよく知っているかと思います。ただ今回はこいつだけが切り札ではない…!


龍素記号Sr スペルサイクリカ 4枚
→本デッキにおけるミラダンテⅻの革命チェンジ元。だけにとどまらず単体でも強い。私の中ではミラダンテⅻの最高の相棒です。詳しくは後ほど。


ルソー・モンテスー法と契約の秤 4枚
→効果は先ほど説明したとおり。墓地肥やしとリアニメイトをこなせるこのデッキ待望のカード。


インフェルノ・サイン 1枚
→殿堂カード。法と契約の秤の5枚目として採用。


禁断機関 vv-8 3枚
→封印全てをはがせば追加ターンをゲット。サイクリカー法と契約の秤ーサイクリカみたいな呪文の連鎖やミラダンテⅻの革命チェンジで一気にはがして禁断機動を狙おう。いれない


Ⅾの博才 サイバーダイス・ベガス 3枚
→守りとドロソを一手に担う強力カード。呪文主体のこのデッキでは性能をフルに発揮。


超次元ガロウズ・ホール 1枚
→ベガスとの相性は最高の一言。殿堂したからと言っていれない理由はない一枚。


テック団の波壊Go! 3枚
→こちらもベガスの相棒。元からトリガーなのも強い有能呪文。


龍素知新 1枚
→5マナで墓地の7マナ以下の呪文を打てる有能呪文。ひと昔前はループパーツとして有名でしたが今回は一足早く動くこととベガスで青以外の呪文を打つ為に使います。


超次元ガード・ホール 2枚
→ガロウズホールと同じく除去しながらサイキッククリーチャーを出せる強力ホール呪文。ガロウズと違いパンツァーやプリンを出せないのはいたいですが代わりにディアボロスを出せるのがとても強いです。


ロスと・ソウル 2枚
→。相手を瀕死にする最上級のハンデス呪文。


奇石 ミクセルージャミング・チャフ 4枚
→こちらもツインパクトカード。クリーチャーではオリオティス、呪文はファイナルストップと腐る場面のない呪文。このカードは公認大会でもらえるパックの抜け殻3つでもらえるので普段出ない方も出るといいと思います。


ボーンおどり・チャージャー 4枚
→マナと墓地を同時に伸ばせるこいつが入ることで最速4ターン目のロストソウルという裏切り魔狼もびっくりのムーブを可能となります。


サイバー・チューン 2枚
→墓地肥やし担当。


青寂の精霊龍 カーネル 2枚
→ミラダンテⅻにつながるトリガードラゴン。カウンター要員が呪文にかたよるのは危険なのでホントはもうちょい投入したい…



●超次元ゾーン(すべて1枚)


超時空ストームG・XX
→裏返るとラストストーム。覚醒すればほぼ勝ちレベルといっていいミラダンテⅻと並ぶ切り札。


時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ
→ガードホールから出せる大型サイキッククリーチャー。このままでも強いのはモチロン覚醒すると即ストームG・XXがのるのもきれいな流れ。また、覚醒するときにマナのすきなカードを墓地に落とせるのでサイクリカやリアニメイト呪文へもうまく繋がります。間違えやすいので確認しときますが、5色のディアボロスではなく何かのデッキに入っていた闇文明の方のディアボロスになります。


勝利のガイアール・カイザー
→もはや説明要らず。


勝利のリュウセイ・カイザー
→こちらも同じく。ミラダンテⅻにもなれ、vv-8の封印も剥がせます。


勝利のプリンプリン
→こいつも同じく。勝利セットをラストストームで一気に出して即V覚醒リンクできるので、このデッキをつくるときは財布と相談をかさねてなんとか揃えてください…


アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>
→強力置きドロー。たけえよ…


激沸騰!オンセン・ガロウズ
→サイクリカの効果を2度使えるようにするえげつないやつ。


時空の凶兵ブラック・ガンヴィート
→ベガスと合わせてカウンターを決めよう。






・このデッキのまわしかた


 序盤は墓地肥やしをしつつ法と契約の秤やサイクリカで放つ実弾を仕込んでいきます。相手によってはミクセルで遅延したりベガスで守りを固めてください。序盤の動きがスムーズにいけば最速4ターン目にロストソウルやガードホールなんかの重量級呪文を打つことができます。


 もちろん、毎回そんなうまいこといきません。その場合はvv-8の着地を優先させてください。やつはエクストラターンというメインの能力の他に手札補充、そして封印を外しての墓地肥やしという役割も担ってくれます。例えばの動きを1つ挙げてみると


vv-8着地でめくった5枚にサイクリカとガードホール→サイクリカ手札にガードホール封印に→サイクリカ出して剥がしたガードホールを打つ



 みたいなことができます。封印にいくつかの種類の呪文を仕込めたときは選択肢がそれだけ増えてくれます。なので、多少面倒ですがどの封印にどのカードを置いたかを覚えておくと場面に合わせた対応をすることができます。




 フィニッシュの手段としてはミラダンテⅻとラストストームの2つがあります。ここで覚えておきたいのは、どちらもvv-8との相性が最高だということです。




 ミラダンテⅻの方は自身がコマンドなのでやつの封印外しながら攻めれるのでわかりやすいですね。ラストストームの方は何でかというと、昔話題になったらしいのですがディアボロスの存在があるからになります。



 ディアボロスの覚醒条件は『自分のターン開始時にバトルゾーンとマナゾーンから合計カードを3枚墓地に置く』というものになります。実は、この時にvv-8の封印を墓地に置くことが可能なんですね。覚醒しつつ追加ターンを手にすることが出来るため、その間にラストストームの覚醒まで危険性なしでできるわけになります。





 かなり長文になってしまいましたが最後まで付き合ってくれてありがとうございます。私も近いうちにCSに持ち込むつもりなくらい結構な自信作ですので、ぜひ作ってもらえればと思います。





当サイトにはTwitterとLINEの専用アカウントがあります。ぜひ登録お願いします‼


TwitterのID→@blogdmbuilding

LINEのID→@yhi6158y












コメント

コメントの投稿

非公開コメント