FC2ブログ

記事一覧

〈考察〉結局ジョーカーズはどれが一番強いのか

Twitter→blogdmbuilding
LINE→yhi6158y



どうも、ヨネ吉です。今回はジョーカーズについての考察をしていきます。




みなさんデッキを作るとき、あるいはどのデッキをcsや公認大会に持ち込もうか考えるときには『仮想敵』の相手を考えるかと思います。近頃は殿堂環境ではアナシャコやバスター、2ブロックではネズミことビートジョッキーや卍などもいますが、どちらの環境でも幅を利かせているのはみなさんご存知ジョーカーズですね。自分が使う時あるいは相手として戦うことが多いのであのデッキについて知ることはめちゃ大事になってきます。




今回は、大きくジョーカーズを分けると2つあるガンバトラー型とジョラゴン型(OTK)の2つについていろいろ書いてきたいと思います。




とりあえずはそれぞれの特徴をみていきます。



・ガンバトラー型
…クリーチャーがわらわらとわき出る。ガンバトラーによって味方全員がダイヤモンドソード状態となるので奇襲することが可能。ジョジョジョマキシマムでの呪文ケアができる。



・ジョラゴン型(OTK)
…クリーチャーがわらわらとわき出るのは同じだがジョラゴンで手札に戻すので盤面は増えないことが多い(残ったクリーチャーが除去されるときつい)。しかし、cipの使いまわしができるのは長所。ジョラゴン1体からアイアンマンハッタンやOKブラザーズを絡めることでワンショットができる。アイアンマンハッタンのクリーチャーへのロック性能が鬼。




ざっくり言うとこんな感じになります。どちらが強いかは正直各個人の感覚になってしまうのですが、呪文封じのガンバトラー、クリーチャー封じのジョラゴンて認識で大丈夫です。




実は私はどちらのタイプも持っているのですが(ガヨウ神集めるのきつかった…)、私自身は殿堂環境ではガンバトラー型、2ブロックではジョラゴン型と使い分けています。


理由としては、殿堂環境では速さと場数を並べるのが強く逆に2ブロックではクリーチャー抑制のロックがより刺さると考えているからになります。




現環境での代表的なコントロールタイプのアナシャコを仮想敵と考えると、呪文はマキシマムでケアできるとしてクリーチャーのことを考えるとサルトビのニンジャストライクが起動する5マナに到達する前に殴りきるのが理想になります。また、そこでベガスを踏んだ場合を考えると押し切る為に盤面にはクリーチャーがたくさんいた方がいいですね。ガロウズホールでは二面処理しかできませんので、数を並べるに越したことはないです。




一方、2ブロック環境を考えると卍やビートジョッキーが敵になってきます。卍は魔道具をだしてそこからデスザークやムカデに繋げてくる、ビートジョッキーはクリーチャーを一気にだしてブランドでワンショットが主な動きになりますので、そのどちらもふせぐことのできるアイアンマンハッタンは馬鹿みたいに強いです。あとジョラゴン型にはセンノーを採用するのは枠の都合上難しいのでジョラゴン型を使うなら革命チェンジや侵略のない2ブロック環境の方が実力を発揮できそうです。




この記事のタイトルでもあり今回のテーマでもあった『ジョーカーズはどれが一番強いのか』についての私の結論は殿堂ならガンバトラー、2ブロックならジョラゴン型(OTK)となりました。使うデッキを選ぶときの参考になれば嬉しいです。






※当サイトではみなさまのデッキレシピやライターさん、記事にするネタを募集しております。よければツイッターやラインの方までご連絡もらえれば幸いです。












コメント

コメントの投稿

非公開コメント