FC2ブログ

記事一覧

対轟轟轟最終兵器「青白カウンターダンテ」




Twitter→@blogdmbuilding

皆さんこんにちは、うる山です。
今回は友人のヨネ吉君に代わって、長い間練っているダンテの構築を紹介したいと思います。
まずは枚数紹介と簡単な採用理由から紹介します。
細かいところについては次回の記事で説明します。


とりあえずレシピをみていきます(バイケンは値段と汎用性のバランスがおかしく、枚数が足りないため2枚プロキシです)


20180716155035351.jpeg





異端流しオニカマス④…アンタッチャブル持ちで場持ちが良いためシリンダの進化元としてベストと判断。
サイバーチューン④…バイケンのお友達。単マグのケア。4ターンシリンダ等使いどころは多い。
魂と記憶の盾①…貴重な除去札。無限ウーニも可能。殿堂解除を所望。
超次元ブルーホワイトホール③…ダイスガロウズに代わる新たな受け札。使い方については別途。
ファイナルストップ④…タイムストップデュエルを決めよう。チャフじゃない理由は別途。
湧水の光陣②…ウーニSST→湧水→シリンダの動きが強い。4ターンシリンダも可能になるため採用。
Dの博才サイバーダイスベガス④…ドロソで受け札。エナライ等が不採用なので最大枚数搭載。
龍装者フィフス②…カウンターワンキルのパーツ。ウーニの5、6枚目。
革命龍程式シリンダ④…デッキの核。汎用性が高いため4枚確定。
斬隠蒼頭龍バイケン④…カウンターワンキルの重要パーツ。4枚搭載によりハンデスにも多少優位に。
貝獣ウーニ④…カウンターワンキルのパーツ。ループじゃなくてもウーニは強い。
時の法皇ミラダンテⅫ④…言う事なし。


見てわかるようにこのデッキは、カウンターバイケン→ダンテで勝ちに行くデッキです。
ただ、プランがその一つだけだと、殴ってこないデッキに滅法弱くなってしまうため、4、5tターン目にシリンダから走る事も視野にいれて構築しました。
オニカマスというカードは踏み倒しメタでもありますが、2コスで場持ちが良いクリーチャーのためシリンダへのアクセスがかなりし易くなります。
(7コストあればそのままカマス→シリンダも可能になるので)


具体的な説明は次回の記事で説明しますのでお楽しみに。


















コメント

コメントの投稿

非公開コメント