FC2ブログ

記事一覧

「青白カウンターダンテ」詳細解説

皆さんこんにちは。
引き続きうる山です。
今回は前回紹介したカウンターダンテの詳細を解説していきたいと思います。


①なぜファイナルストップなのか?ジャミングチャフではだめなのか?
理由は複数ありますが、大きな理由としては以下の2点です。
・ウーニのSSTで打つ事が出来て、なおかつその効果が自分のターンまで持続すること
・相手より先に打ちたいから
このデッキは素打ちすることも視野に入れており、その場合に5コスだと少し重いです。
また、対ロージアの対面で、後攻時であってもドラサイ→ロージア→ミラストの動きを防ぎたいという思いもありファイナルストップを採用しました。

②ブルーホワイトホールの使い方について
ブルホワは、受けと攻めの2点で使う事ができます。
・4ターン目ブルホワでプリン→5ターン目シリンダダンテ
・ダイスからブルホワ→プリンで一体フリーズ→ウーニを盾に埋めてブレイク→使ったブルホワ再使用
上記の2点が主な使い道です。(本当は動画だとわかりやすいのですが…)
またこの呪文には意外と知られていない「青のクリーチャーを出した場合、このターン自分のクリーチャーはブロックされない」という効果もついており、4マナある状態でファイナルストップを素打ちしたあと、ダンテチェンジでブルホワを打つ事により相手のブロッカーを無視することもできます。
使ったらわかる強さです。

③カウンターワンキルのプランについて
このデッキは轟轟轟が先行1t目に盾をブレイクしてきた場合に、後攻1tカウンターワンキルが狙えるように構築しています。
・盾からウーニ→バイケン2枚捨てる→バイケンからダンテ3ブレイク、バイケン2ブレイク、ウーニダイレクト
・盾からフィフス→手札からサイバーチューン→バイケン2枚捨てる→バイケンからダンテ3ブレイク、バイケン2ブレイク、フィフスダイレクト
の2プランがあります。
従来のカウンターダンテの場合、チューンバイケンとサルトビバイケンからの動きがメインでしたが、その動きだと盤面0からワンキルまで行けず、相手にターンを返す事になります。
さらにニンジャストライク5では、轟轟轟に間に合わないことが想定されます。
このデッキの場合はマナの枚数に関係なくカウンターワンキルに持っていくことができます。また、ウーニでも2ドローでき、チューンでも3ドローできるので、ハンドにバイケンが1枚ないし0枚でもバイケンを引き込む可能性はおおいにあります。
よってこのデッキは従来のカウンターダンテよりカウンター性能が高いと自負しています。
また、トリガーについても、呪文とクリーチャーを程よく採用したので単マグで終わるとか、ラフルルで終わるとかということもありません。

④踏み倒しメタへの対策について
踏み倒しメタへの対策が少ないことがこのデッキの大きな弱点です。
除去札がエタガしかなく苦戦を強いられる事が想定されるかと思います。
しかし、今回の殿堂発表に伴って赤青バスターが弱体化したことによってオニカマスの採用されるデッキが減ることが予想されます。
また踏み倒しメタが採用されるデッキは、バスターをはじめ、洗脳を採用するジョーカーズ等、ビート系のデッキが多いと感じており、ある程度盾から返せるのではないかと考えました。
また、ドロハンや青黒ハンについても、バイケンの採用によってダンテを使用せずにファイナルストップを絡めて戦うプランもとれ、ある程度戦えると想定し、除去系の札は最低限に抑え、カウンター要素をかなり強くしました。

⑤採用が検討されるカードについて
・クロック…当初は採用していましたが、序盤にめくれた場合に能力が完結してしまっており、次の動き(革命チェンジ等)につながらないため抜きました。ただ、シリンダや湧水との相性も良いので採用もありだとおもいます。
・カーネル…こちらも受け札として採用が検討されるカードではありますが、今回はカウンターで6打点を形成するためフィフスを採用しました。


その他質問があればtwitterにて募集しています。
良かった作ってみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント