FC2ブログ

記事一覧

ゴキ○リ並みの展開力!!『轟轟轟採用赤緑ブランド』

Twitter→@blogdmbuilding





  どうも、ヨネ吉です。今回は罰怒ブランド&轟轟轟ブランドを使った異次元(ゴ○ブリ並み)の展開力を誇るビートダウンのデッキの紹介になります。




 轟轟轟ブランドは最近色んなデッキに入っています。肉汁と組み合わせたり、ビックバンフレア+クラッシュヘッドのパッケージを組み込んだり、墓地ソースに入ったりします。





 その中の1つ、肉汁入りの轟轟轟ブランドのデッキを見る度に少しもったいないなと思っちゃいます。中型のクリーチャーを出しながら轟轟轟ブランドを素早く着地できるのは確かに魅力的なんですが、息切れが半端ないですし、肉汁自体はSAじゃないですし、盤面のクリーチャーを減らすのは対象がウィニー(小型)であっても個人的に嫌な気がします。





 ならどうするか、理想はやはりクリーチャー(できればSA)を並べまくってハンドを使いきることに思えます。





 という感じに考えた結果生まれたのが今回のデッキになります。では、レシピをみていきましょう。



20180808161045b51.jpeg


2018080816105574c.jpeg







 ”罰怒”ブランド 4枚
→いきなり1コスででてきて味方をSAに。やはり即座に殴りかかれるのは強い


”轟轟轟”ブランド 4枚
→ハンドがこいつだけだとG・0。ハンドを減らす方法は読み進めば分かるかと思います


鯛焼の超人 4枚
→4マナで出てきてマナを4枚アンタップ。実質のG・0クリーチャー


無重力 ナイン 4枚
→味方のアウトレイジがいればタダだし。鯛焼とあわせてG・0が8枚体制なのでタダだししまくれることで勝手にハンドが減りながら罰怒ブランドのコスト軽減にも貢献してくれます


一撃奪取 トップギア 3枚
→初動かつアウトレイジ枠


虹彩奪取 トップラサス 4枚
→トップギアと同じ役割+緑マナの補充



単騎連射 マグナム 1枚
→永遠と温泉につかっているであろう最強のアウトレイジ


”乱振”舞神 G・W・D 3枚
→ジョーカーズ等小型を並べるデッキの天敵。オリオティスやミクセルの除去もこなせる


刀の3号 カツえもん 3枚
→邪魔なブロッカーの除去、シドなどに対する殴り返し、GWDの効果を使いながら革命チェンジしてGWDの使い回しと意外と役割は多い


野生設計図 4枚
→おつかいみたいに3枚めくってコストの違うクリーチャーをハンドに。ほぼ2枚は加わるので自然のエナジーライト的なカード。任意でハンドに加えられるので轟轟轟ブランドを出したいときはハンドに加える枚数を調整することもできます


サイコロプス 3枚
→生きたオリオティスジャッジ


ボルシャック・ドギラゴン 3枚
→守りの全てを託す。GWDや轟轟轟ブランドが捲れれば複数の処理が可能






・このデッキのまわしかた




 ひたすらビートダウンですw。説明がこれだけだと味気無さが半端ないので今回は少し趣向を変えてクイズ的に説明します。






Q1 手札がこんな感じです。打点はいくつ作れて、また何マナ必要でしょうか?



20180808161113167.jpeg






A 7打点を4マナでつくれます(4ターン目に可能)






Q2 手札と場がこんな感じです(上が盤面下がハンド)。打点はいくつ作れて、また何マナ必要でしょうか?


20180808161127c4b.jpeg




A 最初からいるクリーチャーを含めて、7打点を実質1マナで作れます(3ターン目に可能)





 こんな感じのデッキになってます。相手がドゥシーザやGWDといった除去カードを使ってくる可能性を考えるとクリーチャーは一気に出した方がいいので、このデッキは自然とその動きができるようになっています。




 なにより不意打ちの極みなので、対戦相手が面食らうこと間違いなしですw






今回のデッキいかがだったでしょうか、当サイトでは皆さんのデッキや企画、ネタを募集しておりますのでTwitterやLINEのほうまで連絡もらえれば嬉しいです。















コメント

コメントの投稿

非公開コメント